男性作業員

被害がでないようにする

イタチ駆除の方法とその際の注意点について

男性作業員

イタチは外見とは裏腹に凶暴な害獣です。住宅の断熱材を食い破って巣を作ったり、ペット等に危害を加えることもあります。特に春先は活動が活発化するので、その時期は動向に注意する必要があります。 イタチ駆除の方法としては、そもそも民家に近づかないような方策を採るのが一般的です。具体的には、臭いの強い小動物用の忌避剤を使用します。野生のイタチは嗅覚が鋭いので、忌避剤の臭いに反応して近寄らなくなるのです。こうした忌避剤で住宅付近に近寄らせないのが、素人でもできるイタチ駆除の基本になります。 とはいえ、素人にできる対策は抜本的な解決になりません。したがって、専門のイタチ駆除業者に駆除を依頼するのが一番手っ取り早いといえます。

イタチを駆除する際に注意すべきこと

イタチ駆除をする際に注意すべきことがあります。それは、イタチを捕獲するために特別な許可がいるということです。 たとえば、イタチが天井裏を走る足音が気になり、自分で駆除することを決意したとします。その場合に天井裏に罠を設置するなどしてイタチを捕獲すると法律上問題になるのです。これは鳥獣保護法によって罠を使った捕獲が制限されているからです。どうしても自分で罠を使ったイタチ駆除を行いたい場合は、狩猟期間の確認等の面倒な手続きが必要になります。 ですから、イタチ駆除については最初から専門の業者に依頼するのが無難です。また、業者への依頼がどうしても嫌であれば、捕獲ではなく忌避剤でイタチを近寄らせない方針にすべきです。